木造十万塔ー東大寺古材(大) 
画像をクリックすると拡大します
品番Y0033

百万塔は、よく目にしますが
これとは別に、1万基ごとに造られる
「一万塔」や十万基ごとには「十万塔」
と呼ばれるものもあります
これは、東大寺の古材”柱”で、
奈良時代の塔を模して造られた
木造十万塔です
塔身部は十三重になっており、上部の
相輪部と二つに分かれます
相輪は、取り外しができ、くり抜かれた
その中に「陀羅尼」が入っています
底に東大寺の焼印が押されています
材は、ヒノキで古材の時代は、鎌倉時代
ごろでしょうか

十万塔は、大・小二つあります
底径:約23cm
高さ:約77cm


¥130,000


お知らせにも画像をUPしています
この商品を
問い合わせる
taneoka@oimatsu-cho.gr.jp
古美術 たねおか
大阪市北区西天満4-10-18
石之ビル1F
TEL 06-6361-9092
大阪府公安委員会公認 第267号